虹の橋




天国に行く手前に、『虹の橋』と呼ばれる場所があります。
誰かと特に親しくしていた動物達は、死んでしまうと『虹の橋』へ行きます。
そこには、私達の特別な友達の為に草地や丘が広がっていて、
そこで動物たちは一緒になって走ったり遊んだりすることができます。
そこは多くの食べ物と水、そして日の光に恵まれ、
私達の特別な友達は暖かく、快適に過ごしています。
病気にかかっていたリ歳をとったりしていた動物たちは、
ここに来て健康と活力を取り戻し、
傷ついたり不具になったりした動物たちも、
もとどおりの丈夫な体を取り戻します。
それは私達の過ぎ去りし夢の中で彼らを思い出すように。

動物たちは幸せに暮らしているけれど、ひとつだけ不満があります。
それぞれにとって特別な誰かを恋しく思って、
その人がいない事を
寂しく感じています。

動物たちは一緒に走り遊んで時を過ごしています。
しかし、ついにある日、そのうちの一匹が足を止めて遠くに目を向けました。
目はきらきらと輝き、体はたまりかねたように小刻みに震えはじめます。
突然、彼はみんなから離れて、緑の草地を跳ぶように走っていきます。

「あなたを見つけた。」

とうとう出会えたあなたたちは、抱き合って再会を喜びあいます。
もはや二度と別れることはありません。
喜びのキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は最愛の友の頭と体をふたたび愛撫します。
そして、あなたは信頼にあふれたその瞳をもう一度のぞきこみます。
あなたの人生から長い間姿を消していたけれど、
心からは一日たりとも消えたことがないその瞳を。

それから、あなたたちは一緒に『虹の橋』を渡るでしょう。